ニュースでディスカッションコース

■レッスン内容のご紹介■
Input
聞き取り(読解)練習
その週の話題やニュースの内容を聞き(読み)大筋を質問形式でで確認します。

Output
同時読み上げ
講師と同時に内容を読み上げます。これは繰り返しではなく同時です。このことで正しい発音や抑揚を強制します。
シャドーイング
昨今では有名な作業ですが、同時読み上げをした内容を、活字を見ずに音を耳で聞くだけで同時再生してまいります。
微妙なアプローチのヴァリエーションでさまざまな効果が期待できます。
記憶保持
シャドーイングをした内容を、今度は記憶を頼りに同じ文、または内容を再生してまいります。
これは単なる暗記とは違い、記憶をイメージ化してメッセージを再生します。
創作
レッスンで扱った内容と関連の題目について意見を述べたり、交換したりします。長期的には上記で行った練習で自作の英文メッセージの精度を高めます。

■シャドーイングの効果■
シャドーイングとはもともとは通訳技法の基本練習としてかつては通訳を目指す者にとっての登竜門的位置づけでした。
現在では広く知られ、多くの方が練習の一端として取り入れているようです。
お手本となる英文やパラグラフ、または対話などを再生しながら影のように同時に発話再生してゆくことを言います。
方法はシンプルですが、正しいコツを覚えると何倍も効果が高まります。
始めは音の再生に終始しますが、徐々に頭の中で意味を反映させながら発話が出来るようになり、さらにはその記憶を保持したままお手本なしで再生が可能となります。
これが一歩進んだリテンション(記憶の保持)という作業です。

レッスンではこうした練習のコツを押さえ、受講生の皆様自身の学習のサポートをさせていただいております。
受講料、スケジュール等はココをクリックしてください。