時事英語・ビジネス英会話(TOEIC対応)


■レッスン内容のご紹介■
Input

聞き取り(読解)練習
主にビジネスシーンでの対話や時事ニュース等の内容を聞き(読み)大筋を質問形式でで確認します。

Output
同時読み上げ
講師と同時に内容を読み上げます。これは繰り返しではなく同時です。このことで正しい発音や抑揚を強制します。
シャドーイング
昨今では有名な作業ですが、同時読み上げをした内容を、活字を見ずに音を耳で聞くだけで同時再生してまいります。
微妙なアプローチのヴァリエーションでさまざまな効果が期待できます。
記憶保持
シャドーイングをした内容を、今度は記憶を頼りに同じ文、または内容を再生してまいります。
これは単なる暗記とは違い、記憶をイメージ化してメッセージを再生します。
創作
レッスンで扱った内容と関連の題目について意見を述べたり、交換したりします。長期的には上記で行った練習で自作の英文メッセージの精度を高めます。

■反復練習の効果■
まず単語や文法の知識に加えて、お手本となる英文や段落、または対話の雛形が必要です。
まずは、それをひたすら反復することで正確な発話力を定着させます。
テニスに例えるなら、ボールとラケットを買ったら、基本のフォームを繰り返し練習して体に覚えさせるような感じです。
自助努力も必要となります。レッスンだけでは一進一退でなかなかゲームが出来るようになりません。
レッスンとレッスンの間の”戻り”を最小限に抑え効率を上げるため、理想的には日々、または週に2〜3回(約1〜2日おき)の自習が必要です。これでより早く実践で使えるような全体のコーディネーションが出来上がってゆきます。
発話の全てが基本の切り貼りや置き換えと言っても過言ではありません。
どれだけ多くの基本形とヴァリエーションをレパートリーに加えるかが決めてです。

レッスンではこうした練習のコツを押さえ、受講生の皆様自身の学習のサポートをさせていただいております。
 
受講料、スケジュール等はココをクリックしてください。